新着情報

2009年02月27日後入れ板倉壁施工実験




村田工務店 工場にて板倉壁の施工実験を行いました。

板倉構法の棟上は通常、壁の厚板を柱間に落とし込んでから、梁をのせ全体を組み上げます。今回は木組みを組んでから、壁の厚板を挿入する方法を試してみました。
柱の溝を大きくしておき、板壁を入れた後、溝に埋め木をします。
また、木組みは伝統構法ではなく、金物構法(テックワン金物)を試してみました。
現代の金物構法にも適用できる板倉構法を開発中です。
このように、「信州カラマツ板倉の会」では常に新しい技術、課題に挑戦しています。