コンセプト

地域の自然素材 = 信州の木を利用していくと言うこと

木材「その土地の気候で育った木は、その土地で使うのが無理なく最も長持ちする」と言われています。地域の自然素材の代表である木。木は木材(建材)となってからも、生き物と同じように呼吸をして湿気を吸ったり吐いたりしています。育った環境と使われる環境が違えば違うほど、狂いが出たり虫に喰われたりする恐れがあります。そのため外国で育った木を日本で使う時には、薬剤処理などを行ったりします。また、外国の木の輸入には、多くの輸送エネルギーが消費され環境に良いことではありません。 健康的で長寿命の家を造るには地域材を利用するのが一番賢い選択です。地産地省の言葉どおり地域の木、信州の木を利用していくことが私たちの家づくりの柱です。

先人の知恵 = 伝統に学び現代に活かすと言うこと

中禅寺 薬師堂日本は近代化の歴史の過程で、新しい制度や技術を導入することに熱心なあまり、自分たちの持っている優れた伝統的技術を置き去りにしてきました。伝統的技術には、気候風土への適応性や自然素材の活かし方など地域の自然や暮らしの中で、長い時間をかけて培われ確かめられた先人たちの知恵がたくさん活かされています。
新建材から自然素材へ、化石エネルギーからバイオマスや環境エネルギーへ、と向かうこれからの環境重視社会の大きな流れの中で、再び伝統的技術に注目する必要がありそうです。
最近、家づくりにおいても、伝統工法の知恵を活かす研究や試みが全国各地で起こされ、その合理的機能や特性が科学的に検証され再評価されるようになってきました。
そのようななか、信州各地に今も多く残っている板倉が私たちの目に留まりました。板倉は堅牢・高耐久で断熱・調湿に優れ、地域材を活かし景観にマッチしたシンプルで美しい建物です。現代化できる要素の多い構法で、中でも落とし板倉構法の合理性は、現代の木造住宅を考える上でたいへん参考になると考えました。